あれは、小学生の頃だったか…

お盆休み、家族で父親の実家の佐渡島に行った時の事だ。

弟と虫とりに行ったりと、はしゃぎ回っていたせいか、

夜は早くから床に入った。


そして、あの恐怖の夢だ。

今にして思えばなんて事ない夢だが、

あの時は、本気で恐怖を感じたものだ。


夢の中で、同じように寝ていた。

そう、現実に寝ている部屋で同じ様に…。


ふと、目が覚める。

勿論、夢の中で。

しかし、体が動かない!

金縛りだ!!

そう思った時…

窓の外の大木の枝に蠢く何かの影が…!


うわっ!幽霊だ!!

恐ろしさで震えてしまった。

叫ぼうにも声も出ない。体も動かない。

すると幽霊は、ふわっと舞い上がり、

窓を素通りして部屋の中へ。

そして俺の目の前まできて、

ふう、っと息を吐きかけた!


『うわっ!くっせー!!』

なんとも生臭いその匂いを嗅いで、

苦しみもがいたその時、目が覚めた。

そこで目にしたものは…!


































おめぇかよ、原因は!!

寝相の悪い弟のヨダレまみれのぽっかり開いた口が

俺の鼻先にあったのだった…