あれは高校2年になったばかりの

4月の出来事だった。

中学の頃からの友人「ヤッピー」と

バイトの面接に行った時の事だった。

余談ではあるが、奇しくもあの 故 岡田由希子(合掌)が

自殺したまさに当日の同時間に、

その目と鼻の先の代々木で面接をしていたのだ。


それはさておき、よく晴れた日だった。

面接会場へ急ぐ俺とヤッピーの前に、

黒人が立ちふさがる…!



地図を我々に見せながら何やらしゃっべってる。

言葉の端々から、英語でしゃべってるのは理解できたが、

如何せん、この俺は英語偏差値45のつわものだ。

なに喋ってるのかわかんねぇよ!

日本に来るなら日本語覚えて来いよ!

などと思ってると突然横からヤッピーが…!


































Can you speak English?


































…おい、この外人、今
英語喋ってたぞ?間違いなく。


しかし、この外人、気にする様子もなく、

『Oh!Yes!!』と。

その後、ペラペラと英語で捲くし立てる。

益々わかんねぇ。

ヤッピーには理解できてるのだろうか?


































Oh!I don’t know!






アイドンノーってお前、分かんなかったのは絶対、
道じゃなくて
言葉
だろ!!